忍者ブログ

西島のオーケンブログ

Edwardsとシマアオジ

移植診療を希望する代表例として、失った歯だけの診療で済ませたいと、患者が考えている場合です。たとえば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

移植メディカルケアの場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生するメディカルケアになります。



両隣の歯は健常なので、削りたくないと希望があるケースでは移植メディカルケアを考えた方が良いですね。移植について、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。現状では、インプラント診療は全て自費診療となるのでそのメディカルケアにはどうしてもお金がかかります。



他の歯科治療と同じように、移植にも失敗のリスクをゼロにすることはできません。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工根元や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの移植本体に生じた問題、移植を埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、オペレーションして腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めて頂戴。移植治療も医療行為ですが、普通はインシュアランス適用外で、全て自己負担ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

手間はかかりますが、年1回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。
さえない年末年始

確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。長く根気のいるインプラントメディカルケア。

しかし、やっと診療期間が終わったといっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。ずっと使いつづけられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、そのままのケアを心がけて頂戴。


自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。
診療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにして頂戴。移植メディカルケアでは人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギー(パッチテストでは発症するかどうかがわからないため、過去に発症した金属でできたものは使わない方がいいかもしれません)を心配する必要はないでしょう。



人工根元の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使って創られているためです。健康インシュアランスが適用される移植治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギー(パッチテストでは発症するかどうかがわからないため、過去に発症した金属でできたものは使わない方がいいかもしれません)を持つ患者さんはアレルギーの可能性について、診療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思っています。

移植は他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。人工根元を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応したためで、移植がなじんでくれば、違和感もなくなることが圧倒的に多いです。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することを忘れないで頂戴。みなさんが移植治療に取りかかる前、診療にかかる費用は気がかりでしょう。



ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。
何知ろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に設定できるのです。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。



移植一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えて頂戴。

移植手当てには隠れたメリットがあります。

診療しゅうりょう後、義歯だと気づく人はたぶんないでしょう。
見た目からしても、自分の歯のようにまあまあ自然にうつり、移植だとカミングアウトしなければ義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。

義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。


インプラント治療による危険性を聞いた事があると思っています。


その情報の中に、移植を埋め込んだ人は、頭部核磁気共鳴画像法検査は不可といった口コミがあったかもしれません。

でも、気にしなくて良いです。核磁気共鳴画像法検査とは、身体に磁気を当てて画像をつくることです。
身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。しかし、移植は主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。検査で問題になることはまずありません。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うごく一般的な移植治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思っていますが、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが命に関わる大事な問題です。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。
成功すれば満足感が大きい移植診療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。


まず、ほとんどの場合、他の歯科診療より費用がかかります。

難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。

アトは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、まあまあ深刻化するという重大な問題もあります。

障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。

移植の特質として永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけて頂戴。移植診療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、移植の土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングを忘れることはできません。
しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、移植周囲炎を起こしているかもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。埋入執刀後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければ移植治療はしゅうりょうです。


けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので維持費がかかることを知っておきましょう。



標準的なケースでは、三ヶ月に1回程度は定期検診に通うことを指示されます。


メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険が聞く治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておきましょう。



少数の歯の欠損に対する診療としては、移植とブリッジが代表的です。移植メディカルケアは、あごの骨を掘って、人工歯根(移植体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。ブリッジメディカルケアでは、義歯をつけるために欠損歯の両隣を1回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。治療後、一見した感じでは、どちらかというと移植が優っていると考えられます。

ブリッジ診療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R