忍者ブログ

西島のオーケンブログ

須藤と石村

みなさんはどのようにして葉酸を取り入れるしていますか?いくつかの方法があると思っておりますが、一番良いのはご飯で摂る事です。葉酸が多くふくまれている食品を挙げてみますと、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。

他にも納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多くふくまれています。


葉酸の含有量が多い野菜は様々にありますが、これらを継続的に摂ると言うのが大変だという方は、無理をせずサプリメント等を活用するのがおススメですね。栄養補助食品には、葉酸をはじめ女性に不足しがちな成分を含んだものもありますから、ご飯では摂りきれないミネラルを手軽に取り入れる出来ますから、おススメです。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省が、積極的な葉酸の取り入れるを求めています。



細胞分裂がおこなわれる、妊活初期に適切に葉酸が補給されないと、細胞分裂が正常におこなわれず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる可能性が高くなるそうなのです。こうした事を踏まえ、懐妊前からおめでた初期にかけての期間は、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと取り入れるできるように、栄養補助野菜による補給がお奨めです。

ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。



ヨガをおこなう事で血の巡りが良くなり、深いリラックス効果を得ることが出来ます。



すると、乱れがちな自律神経を正常にするため、ホルモンバランスが整っていくのです。
妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、軽く運動する事で、代謝が上がりますし、柔軟な体を作ってくれます。ですから、崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、ぜひ実践してみて頂戴。

妊活中の話となっていますが、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。

一人目に男の子を産んでいたので、次は女の子を授かりたい、と考えていました。排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けに挑戦してみました。
妊娠前や妊娠初期の妊婦に重要な栄養素
妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明する時までは少し心配もしましたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。
主人も待望の女の子という事で大喜びでした。


大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸サプリの話題が出ました。



彼女はベルタの葉酸栄養補助野菜が気になっているようでした。
葉酸の栄養補助食品って、妊活前から飲んでいるとおめでたしやすい体になるし、赤ちゃんにも良いとテレビで見たことがありましたから、彼女に伝えました。
友達が妊活を頑張っている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、おなかの赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなとねがっています。近年、妊婦の取り入れるにおける有効性に注目が集まっている葉酸は、赤ちゃんの先天性神経管異常といった障害を発症指せにくくするという効果が科学的な研究によって、明らかになっています。

このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生労働省が勧告しています。



実際に補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。


また種類によっては特定保健用野菜指定のものがあります。

こうした野菜は赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話もあるみたいです。葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊婦への積極的な取り入れるが求められています。産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもある為す。



しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかっ立と不安に思っている方もいますよね。万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠っ立と感じている方も、ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。なので、普段のご飯でもある程度は摂取できるのです。

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R